置き時計の極限の並外れている旅を越えます

光線の舞台

眼光がチップからのける時に、すぐさま優雅で精致で、すっかり理解して明るくてきれいな置き時計の外側に引きつけられました。マルク・ボタンの森は水晶の美感と独特なベニヤ単板が好きで、そのため彼は水晶のフィレットの立方体を形作る時計の殻を選びました。水晶の厚さをのは最も薄くて、大量のを行って試験、この置き時計の時計の殻の一部の場所のただ厚いだけの13ミリメートルを研究しなければなりませんと。ただBaccaratこのような尖端水晶メーカーに似ていてやっとこのような技術を備えます。

水晶の時計の殻は光線を同時に置き時計のを横切らせて、巧みな屈折の効果を作って、心や目を楽しませる視覚を演繹していて宴会を供応します。水晶は比較的難しいグラインダ仕上げの平らな材質で、しかしこの置き時計はきめ細かい外観―精致なボール型のアウトラインを持って、および重々しく、まるで光線の充電器を積載していて、全部Baccarat技術の大家の精密なワシを通って細くて磨いて、なめらかで調和がとれている印象と感想を作ります。

置き時計の底部は比較的厚くて、しっかりと平面の上で放置することができて、イベントのガラスをも支えることができて、必要に応じて自由に解体してそれによって学校のチップを加減することができます。置き時計まるで1隻の瓶の中で船、並外れていて見事です。

透き通ってきれいなAtmos空気の時計は感嘆させられて、側面の明らかにの歯車のつながりが入り混じり集まって複雑だ、人の目がくらむ神の謎に、すべての神秘が最も目立つ前から。Atmos空気の時計は発明するのは1928年に、それはいかなるは手製で操作して自分ですぐ運行することができる必要はありません。それはひとつのが気体のを混合して覆いを密封するのを満たすあって、温度上昇の時、気体便を混合して膨張します;温度降下の時に、気体を混合して縮みます。覆いと置き時計を密封する動力のぜんまいは繋がって、それはアコーデオンのふいごの類に似ていて置き時計のチップの上で鎖のため膨張します、それによって、不変だ。すべての摂氏1度の温度変化便は十分に置き時計のために提供して2日間運行の動力を誘います。歯車のつながりの設計は天然自然の物より勝って、全く潤滑油を必要としないで、置き時計の完璧な運行に影響するのを免れます。

マルク・ボタンの森とジャガー・ルクルトの才気と技術の融合、この味わいがあるクラシックの傑作を成し遂げました――1モデルの時間の長い流れ(川)の中で長い時間が経っても衰えない置き時計。はっきりしていてきらきらと透明で、精致でシンプルだ、Atmos568 by Marc Newson空気の時計はその静謐な方法で記録して時間の転々とします。