狂って野生のアフリカ――盛んな刺し縫いする海Luminor 1950シリーズSealand Purdey腕時計

盛んな刺し縫いする海はまた新型を発表して、今回は有名なイギリス制銃会社Purdeyのために製造したので、殻の上で彫り刻んでいて猟師の風格の図案の全く新しいLuminorの1950シリーズSealand腕時計を明らかに示したのを表します。暦峰グループ所属のブランドで同じく属するため、盛んな刺し縫いする海とPurdey会社の前で便は協力があっのでことがあって、今回のこれら新しく便を表したのがAfrica’s“BigFive”のanimals(アフリカの五大野獣)をテーマ設計にして製造するのです。Sealandデザインで、それではこれはすぐ時計の文字盤の上で1枚配備していて保護機能の金属を提供してふたを表しそれになりを意味して、これは設計のテーマの上でと銃器は非常にぴったり合うだけではなくて、同時に動物の図案の彫刻のために十分なのを提供して空間が現れます。

盛んな刺し縫いする海Luminor1950シリーズSealandデザインの表す殻はずっと1枚が盛んな刺し縫いする海の彫刻工芸の画布が現れるので、その上圧倒的部分はすべて動物をテーマにするので、例えば“申年の生まれ年”の3日の鎖は自動的に鎖の腕時計に行きます。今回の全く新しい発表する時計のモデルの上で、世界に名が知れている“アフリカの五大野獣”をテーマにすして、それらが別れるのは:象(elephant)、ライオン(lion)、サイ(rhino)、水牛(buffalo)、とチーター(leopard)、生き生きとしている彫刻の図案の完璧な原状に復したそれらの表情と態度、人に褒めさせます。

盛んな刺し縫いする海は語りを釈明して、閉じの彫刻の図案を表してまずチョークの粉あるいはマグネシウム粉を通じて(通って)全体のアウトラインを描き出して、それから職人師達はまた彫刻刀を彫りにくるを通じて(通って)それに対して手製で彫刻を行って、これは少なくとも1余り週間の勤務時間が完成しに来が必要です。表して周辺の上で一サークルのめぐっている図案をかぶせて、および“PaneraiforPurdey”の字形、とても明らかな霊感はアフリカの芸術の作品で源を発するので、そして黄金の材質でその中で飾りを象眼します。このような芸術が自身を創作するのはとてもすばらしい派閥で、Purdey会社の生産する猟をする歩兵銃上でよく会えます。

その他のSealand腕時計とと同じに、全く新しい盛んな刺し縫いする海Luminor 1950 Sealand Purdey腕時計の内部の搭載していたのも盛んな刺し縫いする海の自分のCal.ですP.9000型は自動的に鎖のチップに行って、振動周波数は4Hzで、72時間の動力備蓄物を提供することができて、俗称の3日の鎖です。盛んな刺し縫いする海はなくてこの時計になって時計の文字盤所の画像を提供して、だから現在のところはこれが狂って野生のアフリカの息の表すふたを持っていて開けた後にどんな1回の光景時に知ることができなくて、もしかすると恐らくたぶん確信がなくて、このシリーズ中でとその他のいくつかデザインは比較的似ていましょう。おなじでの、私達もたいへん表してSealand腕時計ようにチップ所を背負いを見たのを望んで、実情を伝える式の設計を採用します。その時計の殻のサイズの大きさは44mmで、防水の深さは100メートルで、つける者は選んでそれになって1条の黒色のゴムの材質の腕時計のバンド或いは1条の防水の小さい牛革の腕時計のバンドを配備することができて、後者について、もしもきっと猟をするスーツと革靴とよく合い始めて、“百発百中”のBuffを得る確信がないでしょう。

銃器+野生動物+はしかも高価な盛んな刺し縫いする海の腕時計が巨大で重々しいです…これらの元素が集まっていっしょにいた後に、1筋の狂って野生の息は真っ向から来ると言うことができます。閉じの彫刻の図案を表して真に迫ってい見えたけれども、生き生きと真に迫って、芸術品を称することができて、しかしこのようないくつかが動物の時計の謎達を心から愛するのにとってよく合って、もしかすると彼らに鑑賞することはでき(ありえ)ませんでした。全く新しい盛んな刺し縫いする海Luminor 1950シリーズSealand Purdey腕時計はただ制限して80発行するだけ、価格は20500英ポンドです。