ブレゲの超薄陀はずみ車のプラチナの金版

2013年に4月のバーゼルは展の上でブレゲを表して1枚の厚さの7ミリメートルだけの陀はずみ車の腕時計、型番の5377を発表します。

この時計はクラシックの複雑な(Classique Complication)のシリーズの下に繰り入れて、1モデルの自動上弦陀はずみ車が捕らえて腕時計を跳躍するので、直径の42ミリメートル、厚さは7ミリメートルだけあって、はっきりしていて自動陀を背負ってプラチナの金の材質を採用します。

近日ブランドはプラチナの金版の5377で2014年のバーゼルを開いて展を表して予熱して、後続会がより多く新しく表して次第に公衆に放つ本当にのがありを信じます。それともこの5377はとてもきれいで、私達はいっしょに何枚の図を見に来ましょう!

 

プラチナの金版の製品のシリアルナンバーは5377PT/12/9WUで、去年のバラの金版のシリアルナンバーがPTをかえてBRになるのが良いです。私達は北米の政府の値段を付けるバラの金版が14.9万ドルなるを知って、プラチナの金版は16.4万ドルです。