例6大特色トップクラスの時計

例6大特色トップクラスの時計
ブランド別等級、时计を分け、一種の主観的のやり方だ。このやり方薬玉やすい加入者だ。客観的に地理画定例が直感、ブランドの所在地を主な根拠が、少々漠然とした。ブランドの所在ない例級代表製品のレベルだ。製品級の区切り、机芯と外観の资金を主な根拠が、これは客観的なのだ。

トップクラスの時計例、ジュネーブと洳谷の例と個別の他のブランドのある例だ。トップクラスの例を通じて、ジュネーブ、谷(洳)の一部の代表的なブランドの観察の結果、これらのブランドの製品が6大特徴:1、基礎机芯起点高;2、働く伝統工芸の応用を強調し、両立美観と性能;3、受託工本、追求极と画一の品質;4、を表現するため、たとえ少数の人を鑑賞できる細部の導入、先進の表壳デザインと働く理念;5、自主ブドウの复雑な机能;6、十分条件としてカリスマ工芸。

基礎机芯起点高

トップクラスのブランドがトップは、長期市場人気。トップクラスのブランドを保有したり、机芯余りプラットフォームパテック・フィリップ、ロレックスなど保有したり、高性能の机芯プラットフォーム。宝黒土の长エンジン机芯プラットフォームが二つ、一つはCal . 1150、双子の条の箱、出力100時間動力;もう一つはCal . 13R0、三ばね箱、8日間エンジン出力。Cal . 1335やCal . 1315はすべてCal . 13R0の派生机芯。
上:Cal . 13R0、8天长エンジンだ。絶対多数の机芯宝黒土が100時間以上は基礎机芯として。
上:宝黒土Villeret8日動力保存腕時計、エナメル盘面。
上:宝黒土8日間の動力の机芯Villeret 1335、K金はばたく陀。

宝黒土のもう一つの特徴は、すべての女装表都用機械机芯なかっ机芯石英、。いくらか长エンジンを全系机芯宝黒土シリコン游丝また自動上弦高効率。

高が複雑机芯陀飞轮、カードラッセル・三问は、F385高振频時間机芯。

働く伝統手作りの応用を強調し、両立美観と性能、たとえ见えないところにも磨いて

トップクラスのブランドは入門モデルと复雑な項保証の同じ品質や工芸での一貫性、基礎机芯は良い切り口。真のトップクラスのブランドの基礎机芯だけでなく、性能に卓越してもっと重要なことは研磨や工芸も一流の水準を維持した。
上:Cal . 1150机芯、シリコン游丝、ネジ摆轮+無カード度

上:これは宝机芯黒土のメイン副木、組み立て後この副木の多くの地方は難しいが、宝が露呈した黒土は依然として完全の研磨処理。

说明の必要は、真のトップクラスのブランドは、たとえ见えないところにも精致磨いた。トップクラスの働くか、机芯「见えない场所」を认识。ちなみに、「ビッグブランド」はすべてがトップクラスの働くよ。
上:これは宝黒土机芯里の小さな钢ラウンドは、この小さな部品で、なんと一周した糸と倒れ角処理。

工本に当たる、追求极と画一の质
上:トップクラスの机芯资金のうち、スプリングは钢ブロックカットで来た

ジュネーブで印の場合は、落款机芯認証基準規定に、すべてのスプリング均使用いりこんでならない钢はワイヤーや钢片スプリング。ある友人は、工程界のありあわせのスプリングが性能に悪いとは限らない。はい、ジュネーブ落款の追求のために、极めて品質も高贵の美感の手作りのスプリング。このばね、高复雑时计に多く见、たとえば、码表、时计、などなど。それがどうしてLemaniaの何時間机芯とジュネーブと洳谷他のブランドの時間机芯が人気の理由の一つだ。
上:宝黒土机芯工場の、小さな音槌スプリングの図面(研磨工程)。ジュネーブ落款など高級基準要求「スプリング使用できない钢の写真では必ずスプリングいりこんのスプリング」。このスプリングの多くの部位が手作り研磨(図に青と赤部位)。

上:宝黒土の新型女表6104机芯Cal . 913も、シリコン游丝を搭載した。

シリコン游丝は、05年を前後に、パテック・フィリップ、スォッチ。グループやロレックスグループ合同研究開発の先進の縦機関の材料となった。現在、全シリーズでは宝黒土にシリコン製品を使用游丝を惜しまないいい材料を使った。ここで说明する必要は2010年、宝黒土統廃合した一家を継承した洳谷全体のトップクラスの例の机芯工場技術伝承Frederic Piguet——。保有資産机芯として一家のブランドは、机芯材料の意思決定には绝対の自主権を持つ。

洳谷は时计業のシリコンバレー
上:フィリップ杜福资金の机芯近い炫技」——「机芯副木よく角内角倒れた。彼は洳谷人の夸りです。
上:フィリップとして公認され杜福は働く最高の時計ブランドの一つ、彼も洳谷人の夸りです。谷は洳ブラ胥村の本屋のウィンドウで、杜福の时计を写真装裱後、ショーウインドー陳列された。

「例の提出後、あるスイスで学んで独立时计の創製の友人は、「dm例を提供できる大衆简明の画定。しかし実际に多い市場操作の成分。事実、ジュネーブ例のブランドは洳谷を置き、洳谷のベンダーに依存したり。洳谷で、Vallee de Joux、この、ハイエンドの时计に少雨の高い地域は、业界の中でどんな役を演じた。これとそれの歴史の関係だ。简単に言えば、早ければ洳谷のチョン・ソンミンはフランスを含め、業界では、时计が最高のPiguetなど家族。地理の地理的環境によって、谷洳どりで人が作った作品で、テレビジョンごてん含め高复雑时计や手作り磨いた。洳谷とジュネーブの関係は地理上の远い远いじゃ。歴史に多いブランドと共に、ジュネーブと洳谷などで同時開設スタジオ;洳谷はほとんど全スイス人の長期ブランドの制作高复雑时计の「プラットフォーム」や付加機能(時間、万年历、追いかけ針、自鳴と三问など)。もし捜査史上最も复雑时计のファイル、多くの人が参加し洳谷(たとえこれらの杰作をジュネーブやフランスのブランド)。
宝黒土は洳谷Le Brassusの高級青蛙

上:洳Le Brassus谷のバセロン・コンスタンチン时计部品青蛙

上:手作り倒れ角の材料は、洳谷から山の材木、摂津、于宝珀ブラの青蛙胥。

ビッグブランドだけにこだわり、手作りで磨き洳谷人は長期とジュネーブブランド協力の過程で、自分の強みはすでに形成に完全に合致する——トップ基準磨いた。今日まで、洳谷で、ほとんど全部が见ジュネーブトップクラスのブランドのスタジオで。洳谷の人が、すでにトップブランドの人的資源だ。
上:洳谷Le Sentier黒土の宝机芯工場

バセロン・コンスタンチンはジュネーブトップクラスのブランドの代表の一つ、宝黒土は洳谷トップクラスのブランドの代表の一つ。前者はその260年製造休ま时计の伝統を守ってきてジュネーブの時計伝。宝は洳発揚黒土て谷は复雑な機能についての研究開発の実力。2006年から16年まで、計35個の新しい开発を含め、机芯中華カレンダーやカードラッセルなど複雑な機能。

资金面で、両者ともに大ブレークや手芸(含高級カリスマ工芸)、いずれも業界でリードした。

ベースモデルであろうか、复雑な车种素質画一化

ビッグブランド時計は、乐适品の重要なシンボル代表。乐适品ある一貫性、すなわち、私のロゴをさえも、完璧な製品にしなければならない私のブランド理念。

宝パールベースモデルの、たとえ入门编としてモデルの钢表、その机芯貴金属の高級機種と机芯はのように働く。このマークはとして、いろんな偽トップクラスのブランドをふるって出かけた。少なくともそういう:すべてのトップクラスのブランドの制品はすべてトップクラスの働く。
上:では、钢項は、貴金属车种黒土が机芯宝1151いつも含まれ手作り倒れ角この标识研磨のトップクラスに働く。

上:貴金属はばたく陀は、トップクラスのブランドのサイン。宝黒土の自机芯、たとえ钢項表もK金を搭載陀。

私はトップクラスのブランドの採取入門級3年生、針表バセロン・コンスタンチンの85180と宝黒土の6651洗い出した。発見は、同じ貴金属表項は、同じK金を自動机芯陀は、同じ洗练されたK金立体字くぎ目盛りや指針は、デザインスタイルだけで、宝机芯黒土はエンジンの保存とシリコン游丝側が優勢だ。

上:宝黒土6651腕时计の文字盘を採用し、K金立体アルファベット字钉を、少し腰のアルファベットのデザイン、さび镂空この花指針、秒針の重い块を宝黒土の創始者名前のイニシャル略字JB文字。机芯1151、双子の条を箱、长エンジン(100时间)。
上:バセロン・コンスタンチン85180腕時計、棒状の指針を采用し、K金细、简洁に、経典の目盛りスタイル。机芯を2450、表壳厚さ8.5 mm、動力保存40時間。

洳谷先人Piguet家族の鳟は、一派の協力とAudemars創立した、ある一つの爱は、かのPiguet管掌整合から宝黒土。
上:爱かの表工場の老家では、同年の看板をぶらさげて、书に「······ジュネーブ、パリ、ロンドン、ニューヨーク······」

かの爱は私に言った「ジュネーブで、同時に洳谷谷の洳开店」ブランドで、製品の働く上でトップ(ジュネーブ落款がいくつかの提案に審査員表白できない爱の働くジュネーブ落款食べる)。黒土で宝は机芯内製化率が高く、豊富な機能などの特徴を持つ、この実力で自分の時間机芯をマーク。
上:爱かのロイヤル樫机芯Cal .時間を采用、采1185岸型3120机芯加DD模組。

上:宝黒土で自分の柱がラウンドをマーク、うちの高級時間机芯Cal . 1185机芯は余りのトップクラスのブランドを采用。写真のF385宝黒土の最新研究机芯、シリコン游丝、5Hz振乏、50時間動力保存。

表现のためにたとえ少数の人が細部の導入を、先進の表壳デザイン理念と働く
上:爱のロイヤル樫(岸型)、表壳で使用を含め、様々な磨き工芸多角的见极と糸引き。
上:宝黒土の第1項のに海洋限定版時計の表壳プラズマ陶磁器を采用し、陶磁器を磨き後続カットと糸を処理した。陶器の硬度を知らなければならないので、高い、高い難易度の钢,歩留まり低。
上:宝黒土の第2項のに海洋限定版時計、表壳さえふくれる使用した青い色が一致の陶磁器。そのうち表圏、表壳、表冠とボタンの使う陶磁器は陶器工芸の。を維持したい色に一致し、安定して同じ青色、大変だ。

乐适品(Luxury)は少数の人が鑑賞や保有のため、たとえ少数の人を鑑賞できる、トップブランドの詳細は1970年代から導入表壳先進のデザイン理念と働く。まず伯爵は宝石業種の金銀根付工芸導入、そして爱のロイヤル樫表白采件余りの式表壳構造と多様な手作り艶出しや糸引きコンビ。今日、このような先進理念が演じる——宝宝黒土の黒土こそ器(Bathyscaphe)陶磁器表壳の资金は依然としてカットや金属糸を処理した。このプロセスは硬い金属陶器のような光沢や宝石のようなレベルの変化だ。

複雑な機能を自主だら
上:1991年、宝黒土に腕時計、集6大1735複雑な機能(薄型、三问アラームや陀飞轮、万年历、月と针で追いかけ時間)腕の間。
上は05年、バセロン・コンスタンチン限定発売7匹の超复雑な腕時計ツアーde L ‘ Ile、記念ブランド誕生250周年。

ジュネーブであろうかSIHH)表展(バーゼル表展(BASELWORLD)、毎年総见众ブランド各種目移りの复雑な机能です。これらのブランドで、少数の中堅ブランドの複雑な機能は全くの自主開発(多いブランド外部ベンダー)を借りた。あれでは自主開発ベンダーとしてとして、歴史上洳谷のブランドはスイスの高复雑な機関のオリジナル基地だ。洳地元ブランドとして谷の宝黒土、自然な才能を反映した。石英危機後、人々は機械時計に興味を失った。少数のブランド(后はトップクラスのブランド証明され)坚持制作良質の機械表を守る伟大な伝統スイス。そのうち、パテック・フィリップ制作の89号表と宝黒土の作った1735時計が代表的だ。パテック・フィリップの89号表は当時の最も复雑な制作できた表。黒土で宝の1735時計は集5大复雑な機能(三问アラームや陀飞轮、万年历、月と针を追いかけ码表)、腕時計時間もの間(6大复雑な機能は、薄型か複雑な計算機能、大宝黒土の机芯普遍は薄型机芯)。時計师は1年半の时间こそ机芯組み立て完成。宝黒土の初コンバーチブル昨今纵器異色バージョン、カードラッセル。人間のために付け加えた相殺ゼロ・グラビティを発明年の陀飞轮理念。

上:宝黒土を先取りどころかた腕時計の上に、また飞轮陀がラッセルカード。写真宝黒土陀飞轮カードラッセル腕時計をした。

上:2012年、黒土の宝は、中華カレンダーは始めて中国伝統の暦と西洋西暦の結合が、時計、中華暦複雑で不規則で、その复雑な伝統のはるか万年历時計。はどの角度、中華カレンダーを时计の复雑した伝統の多くの机能の新机能。

保有in – houseのカリスマ工芸工房

保有カリスマ性は、一流のブランド工芸の必要条件ではなく十分条件。長期保有できるのでカリスマ工芸が市場の受けがいい、消費怪力工芸の顧客は、それらの文句のカリスマ品位の人。怪力工芸自然適応トップクラスの资金はやっと。、盘面特芸にとって、最高のために、表壳腕時計优雅の統制が厳しい。光りが必要でカリスマ工芸一定の厚さも、金雕(ちりばめ、エナメル、会長など)、これは六歌仙机芯の厚さに挑戦するために提出した——を、できるだけ机芯カリスマ工芸ならやって薄い。この観点から、怪力工芸と調和の机芯制作の水準を要求し、ビッグブランドだけが満足できる。【ちなみに、トップクラスの時計は永远に同タイプのなかで最も薄い時計。】

バセロン・コンスタンチン自分のカリスマ工芸工房、その作品がMetiers D ‘ artシリーズ、集金雕、会長、エナメル、六歌仙象嵌はひとつ屋根の下。宝黒土のカリスマ工芸は、金雕、エナメル、ちりばめや古い東方の手芸(ダマスカス金と赤铜)など5大工芸。

上:バセロン・コンスタンチンMetiers D』art芸術巨匠シリーズThe Legend of The Chinese Zodiac中国十二支伝奇最新礼賛——酉年腕時計をした。12個限定の発行、ジュネーブ落款机芯、2460 G4、半組み込み金雕とエナメルの結合。エンジン保存40時間。

写真描写で入力してください
上:宝黒土の赤銅工程の孤品腕時計(ガネーシャ格ジョニーはネギ)赤銅工程の外にも、宝と融合した黒土の5大怪力工芸の金雕技。

上:宝黒土赤銅工程表のモデル机芯を15B、動力保存40時間。

宝黒土(Blancpain)Villeretシリーズ赤銅工程の孤品腕時計(ガネーシャ格ネギ)、ジュネーブ大使高級時計赏で「最優秀工芸時計」の称号を受けた。赤铜绿锖工芸、ダマスカス嵌め込ん金工芸、盘面盘面わして、细い歯がリブニット柔らかい金属(ここ)の使用は黄金組み込み、には充分に編んで、金属ハンマー撃し、最后に手作りの彫刻が豊富なまことにとの技芸感。「招き猫」が、円満の寓意。